今すぐ実践!チラシの反響をあげることができる、4つの方法

名古屋の広告コンサルタント、
ポップコーンデザインの豊田です。

はじめてのチラシを作るとき、反響があるのかどうか不安ですよね。
また、どうやって作ればいいのか、分からないと思います。

「反響がなければ、チラシを作る意味がない!」
そんな不安を解消する、4つの対処法をお伝えしたいと思います。

1.完成したチラシのイメージを膨らませる

チラシのデザインといえば、みなさんはどんなデザインを想像しますか?

例えば、美容室のチラシをイメージしてみてください。

・綺麗なヘアモデルがメイン写真
・メニュー一覧がずらっと掲載
・地図や店舗情報

こんな感じのイメージではないでしょうか?

チラシデザインのクオリティをあげる方法として、
【イメージをなるべく具体的に膨らませる】
ことが大切なポイントです。

漠然と思い描いていた、頭の中のイメージを、
紙に書き出すことで、考えていたイメージを、
より具体的に膨らませることができます。

まずは、紙にささっと下書きを書いてみましょう。
下書きを書くことで、頭の中でしかなかったイメージを具体化することができます。

漠然としたままでは、反響率の高いチラシは作ることができないので、
まずはイメージを形にすることが、大切です。

具体的に設計されたチラシは、経営者の思いもこもっていますし、
なによりクオリティの高いチラシを作ることができます。

2.キャッチコピーの見直し

チラシを作成するうえで、
キャッチコピーは、販促効果に大きな影響を及ぼします。
キャッチコピーを考える時、どんな方法で考えるべきでしょうか。

私が普段キャッチコピーを考える際に、
用いる手法があります。

      1.パターン違い案を、3案検討する。
      2.知り合いや家族など、第三者の人に1案考えてもらう。
      3.できあがった4案から更に、2案に絞る。
      4.最終候補の2案から、決定案を選定する。

このような流れで、いつもキャッチコピーを考えています。

キャッチコピー考案のコツは、
まずは同業他社のコピーをひたすら見ることからはじめます。

「真似」というと、言い方が悪いですが、自分の中でよいと思うキャッチコピーを、
真似をしながら、補正していく作業を心がけるといいと思います。

3.他社のデザインをひたすら見る・眺める

デザインを0から作り出すことは、時間もかかりますし、
なにから手を付ければいいのか、わからないといったことがあります。

またどんなデザイン、コピーにすれば反響があるのか?
予測するのは難しいですよね。

例えば、飲食店のチラシを作りたい時、
全くの0からではスタートを切る前の段階で断念してしまいそうです。

そんな時はまず、他社のチラシやライバル店のチラシをひたすら集めて、
じっくり見て、眺めることが大切です。

全くの「0」だったイメージが、少しづつ作らなければいけないチラシが、
見えてくるはずです。

「他社はこんな事をやっているなら、うちはこれをやろう」とか、
「他社チラシでこの部分に対抗するキャンペーンをうちはやろう」とか、
色々なイメージが湧いてくると思います。

他社がやっていない、または全く新しい視点から、
チラシを作り出すことができると思います。

他社のチラシを真似するのはいけませんが、
参考にするのは、全然OKですので、どんどんチラシを集めてみてください。
新しい発見が得られると思います。

4.地域限定感を作り出す

地域限定感とは、何かといいますと、
差別化を図るということです。

差別化といっても、そんなことは分かっていると言われてしまいそうですが、
分かっていても、なかなか差別化できないのが実情です。

“他がやっていない事”なんて、ほぼ見つけることは難しいです。
経営者の皆さんが、経験や知識から見つけ出したキャンペーンや商品は、
ほとんど二番煎じ感たっぷりなんです・・・

では、どうすればいいのか。
他がやっていない感を作り出せばいいんです!

例えば、美容室を例に挙げてみたいと思います。
もう出尽くしてしまっている感のある、キャンペーンをどうすれば
“他がやっていない感”を出せるのか。

美容室オーナーAさんの例

とある美容室オーナー、Aさんは新たにチラシを考えていました。
チラシを出すからには、キャンペーンを打ちたいAさん。

しかし考えても考えても、いいアイデアが浮かびません。

最初は、「新規のお客様20%OFF」のクーポンを入れようと思いました。

しかし、そんなのどこでもやっているよ・・・と思ったAさん。
他にいいアイデアも無いので、そのままチラシを作ることにしました。

美容室オーナーBさんの例

とある美容室オーナー、Bさんはチラシを作ろうと考えていました。
キャンペーンを打つことにしましたが、なかなかいいアイデアが浮かびません。

最初は、「新規のお客様20%OFFキャンペーン」のクーポンを入れようと思いました。

しかし、そんなのどこでもやっているよ・・・と思ったBさん。

それでは他とおんなじだと思ったBさんは、
“他がやってない感”を作り出そうと頭をひねりました。

そこで思いついたのが、
「◯◯地域限定!まだ美容室◯◯に来たことがない方限定で
20%OFFキャンペーン(1日限定10名様)」

にすることにしました。

早速チラシを作成し、◯◯地域だけにチラシを頑張ってポスティングしたところ、
かなりの反響があって、Bさんは大満足でした。

このチラシ配布で成功したBさんのポイントは、
「◯◯地域限定」に絞ったということです。

人間は誰しも、「限定」という言葉に弱いです。
限定感を作り出せば、人は「行かなければ」という意識に駆られ、
行ったことがない美容室でも、行ってみようという気持ちになります。

ここに気がついたBさんのチラシは、大成功といっても過言ではないでしょう。

Bさんは、◯◯町だけに絞ってポスティングすることで、
広範囲にポスティングするよりも、時間もコストも縮めるまたは少なくすることにも成功しています。

チラシを配布する時、広範囲に撒くことで効果があると思いがちですが、
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる戦法でもいいですが、
的を絞り、更に限定感を作り出すことで
少ない労力で効果を得ることができます。

是非、今回紹介した4つの手法を実施してみてください。

クレアヴァンス豊田でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です