消費者目線に立った、チラシデザイン

消費者目線のチラシデザインとは何でしょうか?

チラシを見た時に、「一目で業種を判別できるチラシ」という意味になります。

Human Network

例えば、ラーメン屋のチラシデザインを作成する際に、
よくあるデザイン例として、中華のイメージや、盛りつけられたラーメンの丼画像をイメージしますが、
これが、ラーメンの画像が1つもなかったり、中華なイメージデザインがなかったら、
そのチラシを見たお客様は、どう感じるでしょうか?
きっと、ラーメン屋のチラシではないと判断して、次のチラシを見てしまうかもしれません。

つまり、消費者の先入観に届く、チラシデザインを心がけるということです。
業種によっても、デザインにはある程度のセオリーがあります。
電気屋であれば、商品が所狭しと並べてあり、金額には、トゲトゲ吹き出しがつきます。
また、金額部分は赤字が多いです。
エステであれば、ほぼ必ずと言って良い程、ベッドに横たわる女性を施術するスタッフの画像が入ります。

このように、今まで消費者が見てきたであろう、業種によるデザインイメージをなるべく崩さないこと。

これが1つのポイントになります。

セオリーに忠実過ぎても駄目

先程、業種による王道デザインに触れました。
しかし、王道なセオリーに忠実過ぎても、他の同業他社チラシの中に、
埋もれてしまいます。
そうならないためには、王道なセオリーは生かしつつ、オリジナル性を追求する。
これがポイントです。
王道デザインは万人に受けますし、見てもらえる可能性も高いです。
しかし、オリジナリティに欠けるという欠点があります。それを補うためにも、デザイン力が問われるという訳です。

チラシデザインを検討される際には、是非参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です