新聞折込チラシのサイズってどれぐらいがベストなんだろう?

チラシの配布方法には、大きく分けて3種類あります。
新聞折込、ポスティング、手配り配布。
今回は新聞折込チラシの場合の、チラシのサイズのチョイス方法をお教えします。

チラシサイジング
チラシのサイズを選ぶ際には、気をつけなければいけない点があります。
配布方法によっては、間違ったサイズ選んでしまう可能性があります。
そんな間違いを避けるために、サイズチョイス方法を書きたいと思います。

新聞折込チラシのサイジングは何がベスト?

新聞折込は、周辺地域のお客様への配布にもっとも適した配布方法です。
新聞を半分に折った寸法は、大体B4サイズ程度の大きさになります。

新聞折込の場合、ほとんどのチラシがB4サイズで作成されています。

B4サイズは、確かに新聞折込で一番使われるサイズであることは
間違いないですが、なぜみんなこぞってB4サイズを選ぶのでしょうか?

答えは簡単です。
新聞折込チラシといえば「B4」という、
昔からの固定観念があるからなんです。

新聞折込には、B4に限らず様々なサイズのチラシが折り込まれます。
もちろんA版の折込も可能です。

例えばこんなケースをご紹介します。

都内でラーメン店を営んでいるAさん。
Aさんは、妻と2人、二人三脚で小さなラーメン店の経営を、2年間頑張ってきました。
オープン当初は、売上もそこそこあり、2人で食べていく分には充分な売上をあげていました。

しかし、オープンから2年が経ち、客足も少しずつ引いていき、
売上も右肩下がりに下降していきました。

Aさんは、オープンの時に手書きで簡単なチラシを自分で作り、
妻と2人で近所に撒いた程度で、お店の宣伝をほとんどおこなってきませんでした。
売上が減少してきたので、何か手を打たねばと奮起したAさんは、
チラシ制作をプロに頼んで、コストはかかりますが新聞折込をしてみようと決意しました。

そこでAさんは、新聞折込について調べる事にしました。
新聞折込のサイズは、B4が主流だということを知りました。
Aさんは思いました。”じゃあ、うちもB4でチラシを作るかぁ”と。

Aさんは、ネットで調べたチラシ制作会社へ問合せてみることにしました。
見積依頼をした翌日、制作会社から返答がありました。
見積書を見たAさんは、あまりに高い金額に驚きました。

Aさんの用意した予算は、新聞折込こみで10万円。
制作会社からの見積もりは、20万円だったのです。

Aさんは、サイズの見直しを検討しました。B4だから高いと思ったAさんは、
チラシのサイズを、A4にして再度見積依頼をしてみました。

結果はAさんの予定していた予算である10万円以内に収まる内容でした。

早速Aさんは、チラシのサイズを当初のB4サイズからA4サイズへとダウンして、
周辺地域を新聞折込をしました。

すると反響は中々よく、今まで認知されていなかったお客様やクーポンを見たお客様に、
ご来店をいただけました。

初めてのチラシ配布でしたが、
結果は上々だったと思います。

結果として、初めてのチラシ配布でよい結果を得たAさん。
このケースの一体どんな要因が良い結果をもたらしたのでしょうか?

折込チラシのサイズをA4にした

最大の要因は、ずばり、
折込チラシのサイズをA4にしたことだと私は思います。

何故と思われると思いますが、その理由は、
先程お話した、新聞折込チラシのサイズで一番選ばれるサイズがB4だからなんです。

例えば、Aさんが折込をした日に20枚のチラシが折り込まれたとします。

業種は様々。
パチンコ店、不動産業者、飲食店などなど。
しかも他のチラシは、全て名だたるチェーン店や企業ばかり。
飲食店も同じです。
サイズは全てB4もしくは、B3(2つ折りにするとB4サイズ)のチラシばかりでした。

そんな中、Aさんのラーメン店のチラシは、
他のチラシと違う点が1つありました。
それはサイズです。

サイズをA4にすることで、他のチラシとの差別化が自然とできていたのです。

A4サイズのチラシがおすすめの理由

  1. B4チラシに比べ、サイズが小さいので、逆に目立つ。
  2. サイズが小さい分、印刷コストを安く抑えられる。

以上の点が、今回Aさんが新聞折込チラシ配布に成功した隠れた秘訣です。
それでは順に説明していきます。

B4チラシに比べ、サイズが小さいので、逆に目立つ。

大は小を兼ねるの逆の発想です。
例えば平均身長180cmの大人のバスケットチームの中に、
身長140cmの小学生プレイヤーが混ざっていたら、逆に目立ちますよね。

消費者はペラっと、チラシをめくった時、
「んっ!?」ってなるんです。
ちょっと読んでみようかなと思わせることができれば、第1段階クリアです。

あとはチラシデザインやコンテンツ次第で、お客様になっていただける可能性大です。

サイズが小さい分、印刷コストを安く抑えられる。

これは単純に紙面サイズが小さい方が、もちろん印刷コストは安くなります。
その為、低コストで折込チラシを配布することができ、
費用対効果の高い販促となりました。

まとめ

今回の記事で一番言いたかったことは、
先入観に騙されないでほしいということです。
チラシはB4という固定概念を打ち消して、費用対効果の高いチラシを作って頂きたいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です